政府は4つの外国人グループの入国を承認

お助け隊BKK│バンコク便利屋・通訳・翻訳

タイのCOVID-19状況管理センター(CCSA)は水曜日、タイ政府が4つの外国人グループをタイに入国させることを決定したと発表しました。

CCSAのスポークスマンTaweesin Visanuyothinが発表したのは以下の4グループ

「タイの見本市に参加する外国人は、見本市が終了するまで滞在することが許可されます」

「以前に撮影を申請し、特定の旅程をフォローする外国の映画業界のスタッフ」

「カンボジア、ラオス、ベトナム、ミャンマーからの食品産業および建設のための出稼ぎ労働者」

「医療を求める観光客」

Taweesin氏は、タイ経済を再始動させる1つの方法は外国人の入国を許可することであり、初期段階では上記のグループが最善である事を省庁が同意していると語りました。

ただし、タイのすべての帰還者と同様に、これらのグループはすべて、入国前にCOVID-19テストを受ける必要があり、公衆衛生担当者の監督の下で隔離に14日間を費やす必要があります。 また、すべての外国人は、出発の3日前に100,000米ドルの健康保険に加入し、COVID-19テストを受け、入国後に政府のCOVID-19追跡アプリケーションの使用が必要です。

外務省は現在、中国本土、日本、韓国、シンガポール、中国の香港からの観光客へのアクセスの許可に向けて取り組んでいると述べました。

—————————–

・バンコクでの簡単な通訳・翻訳サポート ・ネズミなどの害虫駆除や、クーラー水漏れ修理 ・バンコクのレンタカーや送迎サービス ☎️お助け隊BKKへのお問い合わせはこちらから📞     

 ↓↓↓↓ https://otasuketaibkk.com/

—————————–

reference:khaosodenglish