BOTが発表。2020年の外国人訪問者予想は800万人。80%減少

お助け隊BKK│バンコク便利屋

タイ中央銀行(BOT)は今年、タイへの外国人入国者は800万人と予測。昨年の記録的な3980万人から 80%減少したと発表しました。

タイ中央銀行総裁のVerathai SantiprabhobはCOVID-19の影響で、タイの観光が活性化し、
外国人観光客数が4000万近くに戻るのに数年かかるだろうと述べました。

現在タイは観光業に大きく依存しているため、多くの観光関連企業は資金不足に陥っています。

その結果、不良債権が増加するため、BoTは不良債権の急増を防ぐための新たなステップを作成する必要がありますと述べました。

BoTは最近、個人が抱える債務を再編する事業「デット・クリニック・プロジェクト」で支援する対象条件を緩和し、
不良債権がパンデミック全体で増加し続けるのを抑えるため、不良債権(NPL)を抱える借り手を支援しました。

中央銀行は締切日を1月1日から7月1日まで延長し、無担保の不良債権者が不良債権を再構築するためのプログラムを申請し、延滞ローンの最低50%を
返済できる借り手に新しいローンを提供できるようにしました。

reference:khaosodenglish

—————————————

・バンコクでの簡単な通訳
・翻訳サポート
・バンコクのレンタカーや送迎サービス
☎️お助け隊BKKへのお問い合わせ下さい📞
↓↓↓↓
https://otasuketaibkk.com/