新型コロナウィルスに関する情報

タイ保健省は、4月10日時点のタイにおける新型コロナウィルス感染症の状況についての発表です。

新規症例数:50人
累計症例数:2,473人
新規死亡者数:1人
累計死亡者数:33人
累計治癒数:1,013人

また、4月9日からバンコク都知事は、


、夜間外出禁止令に合わせた飲食店や販売店等の営業時間の修正。
(コンビニエンスストア、スーパーマーケットは22時〜4時まで閉鎖)

、4月10日から4月20日までの間の酒類の販売禁止を発表しました。
詳しい法令は以下です。

バンコク都知事告示第6号(酒類の販売禁止等)

1.4月1日付都告示第5号第2項(1)および第2項(2)を失効する。
2.4月10日から4月30日まで以下の施設を一時的に閉鎖する。
(2.1)飲食店,ブース型飲食店,食品・飲料を販売するリアカー型店舗及び屋台(持ち帰り用として販売する場合,ホテル内レストランが同ホテルの宿泊客にのみ提供する場合は4時01分から22時00分まで営業可。ただし,空港区域内にあるレストランと病院内食堂は店内飲食が可能)。
(2.2)コンビニエンスストア,スーパーマーケットもしくは右に類似の店舗は,22時00時から翌4時00分まで閉鎖とする。

.仏歴2560年物品税法で販売許可を得ている第一種及び第二種酒類を販売する店舗や施設を,4月10日から4月20日の期間を閉鎖する。ただし,第一種及び第二種酒類以外の商品の販売は可能とする。

・4月7日,チョンブリー県感染症委員会は,4月9日以降パタヤ特別市への出入りを原則禁止とする指示を発出しました。
・本4月9日以降,パタヤ居住者や就労者等を除き,パタヤ特別市の出入りが禁止されるとのことです。
・なお,今後の発表等により変更等の可能性もありますので,最新の情報収集に努めて下さい。

チョンブリー県感染症委員会の指示の要旨概要は以下のとおりです。

.次の者を除き,パタヤの出入りを禁止する。これらの者は,公務員証,国民カード,もしくは国民ID,ないしは顔写真付きの勤務場所を示す証明書を検問で提示しなければならない。
)パタヤに居住する者
)パタヤで就労している者
)パタヤとバーンラムン郡の審議を経て,必要性があると認定された者。

.パタヤに出入りする者は体温検査を受け,基準よりも体温が高い,もしくは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と疑わしき症状がみられる場合には,医療・保健担当者により,感染症を防ぐための措置が実施される。

.COVID-19の拡大を防止し,国民を必要以上に憂慮させないため,パタヤ特別市とバーンラムン郡で審議のうえ,パタヤを出入りする道路に検問を設置する。

.パタヤ内のすべての人々は国籍を問わず,外出する際,マスクを着用しなければならない。 
 本件は対処に遅滞が生ずれば公共に対する多大な損害を発生させる,もしくは公共の利益に大きな影響を及ぼす非常事態であるため,関係者に反対の権利は認められない。
 本件指示に従わない,もしくは違反した者については,感染症法第52条に則し,1年未満の懲役もしくは10万バーツ未満の罰金に処し,またはこれを併科する。

CR:(参考)チョンブリー県感染症委員会指示第13号(タイ語)
http://www.chonburi.go.th/website/official_letter/download/3817