タイの仏教と日本の仏教の違い

お助け隊BKK│バンコク便利屋・通訳・翻訳

サワディーカー!

タイで挨拶する時、拝むように両手を合わせる姿は有名だと思いますが
この様に合掌をしたり、お辞儀をしたりする事は、日本人の方であれば
なんとなく感謝や謝罪、礼等の意味をくみ取る事が出来ると思います!

その様な文化のルーツに日本とタイが共通する点として仏教文化の多くが 日常生活の中に根付いているからとも言われます
そこで今日は、日本とタイの仏教の違いについてご紹介したいと思います!

タイは仏教国として有名ですが、実はタイで仏教は国教ではありません。 タイでは信仰の自由が認められていて
94%が仏教徒、5%がイスラム教徒、1%がその他となっております。

ただしタイの憲法に於いて、国王陛下だけは【仏教徒であり、宗教の保護者】として定められています。

タイの仏教国となったのは13世紀末、スコータイ王朝時代に
ラームカムヘーン大王様が上座部仏教を保護し、広めたのが始まりとされています。

この上座部仏教というのが日本の仏教とは異なる最大のポイントです!
日本の仏教は大乗仏教と呼ばれますが、では一体何が違うのか?

まずどちらも共通していることは、仏教とは人が悟りを開いて【仏】になる為の【教】え、という事です。
真理に目覚め、様々な苦を背負って生きる輪廻から解脱し、涅槃の境地に至る事を究極の目的としますが
そこに至るまでの考えが異なるのが両仏教の違いとなってきます。

上座部仏教は、出家し、厳しい修行を積んだ僧侶だけがその末に悟りを開き救われる
大乗仏教は、誰もが悟りを開き涅槃に至る機会が与えられている

と言う物です、その為上座部仏教であるタイは、男性は生涯に1度は仏門に入る、女性は絶対僧侶に触ってはいけない
など、日本人には厳格な仏教であると映る場面が多いのではないでしょうか?

ただ、だからこそ今なお多く存在し、古くからも残される寺院や仏教に関する遺跡の数々はタイの大きな魅力の一つですよね!
しかし中々不慣れな地、中々思い通りに行かない事も多いやもしれません

日本語とタイ語が出来る人が居てくれたら…
巡る為の送迎の手配とかどうすればいいんだろう…
そんな時は是非、お助け隊BKKにご相談ください!

【通訳スタッフ派遣】【送迎車の手配】【各種代行サービス】など

バンコクにお住まい、お越しになる日本人の方へのライフサポートサービスを提供しております!
何かお困りの事、お悩みの事など御座いましたら
☎️お助け隊BKKへお気軽にお問い合わせ下さい!📞
↓↓↓↓
https://otasuketaibkk.com/